診療科のご案内
トップページ > 診療科のご案内 > 診療技術部 放射線科

診療科のご案内

  • 放射線科常勤医師4名、診療放射線技師18名、看護師1名、受付事務1名のスタッフで画像診断と放射線治療業務に対応しています。
  • 診療放射線技師が24時間待機しており、24時間365日クオリティの高い画像を提供しています。
  • 放射線科は、院内すべての診療科に関わる重要な科の一つです。
  • スタッフ全員がプロ意識を持って、日々の業務を従事しております。
  • 実習、見学も随時受け付けております。

医療機器

一般撮影室×4(救急撮影室含む)
CT×2(iCT 256列・PHILIPS、Aquilion ONE 320列・東芝)
MRI×2(Intera・PHILIPS、Ingenia・PHILIPS)
乳房撮影装置(Senographe DS・GE)
X線TV検査(ultimax・東芝)
血管造影装置×2(Allura Xper FD20/20、FD10C・PHILIPS)
核医学検査(Infinia8 Hawkeye4・GE)、放射線治療(ONCOR・SIEMENS)
外科用イメージ×2(BV-25・PHILIPS、9inch・SHIMENS)
ポータブル撮影装置×3
骨密度測定装置(PRODIGY・GE)
歯科用撮影装置(モリタ製作所)

放射線治療には大きく分けて①診察②治療計画③放射線照射④経過観察の4つのステップがあります。

  1. 診察:専門の担当医が診察、検査結果などに基づいて病状を把握し、治療方針を決める
  2. 治療計画:放射線を照射する範囲や方向、量などを決める
  3. 放射線照射:放射線を照射して病気の治療をする
  4. 経過観察:治療期間中や治療終了後も体調の変化などを観察する

※放射線による体調の変化(副作用)や治療期間中の注意事項は、放射線をあてる部位や量によって異なります。診察時に治療方針とともにご説明させていただきます。

2011年4月より、FUJIFILM社製一般撮影装置(間接変換FPD/CALNEO)を導入しました。
256スライスX線CT装置は、マルチスライスCTの中でも最高峰の検査性能を有しております。

MRI検査は強力な磁場(1.5テスラ)と電波を用い、体内から発生する微弱な信号を受信しコンピューター処理により様々な画像を撮影し、形態や機能を調べます。
血管内に細い管を挿入し、その管からX線不透過物質である造影剤という薬剤を注入して血管だけを写す検査です。


放射性同位元素(別名;RI)を主に静脈注射することにより、それが特定の組織や臓器に集まります。

「乳がん」、自分には無縁の病気と思っている方は多いかもしれません。もしくは、少し気になるけど怖いから遠い存在にしておきたい、という方もおられるでしょう。

放射線は目に見えず、体にあたっても何も感じません。しかし、病気の細胞は放射線によるダメージを受けやすく、正常な細胞はダメージを受けにくい性質があります。
骨粗しょう症は、骨量が減少してスカスカとなり、骨がもろく骨折しやすくなる病気です。


この装置は透視および撮影用の移動型X線透視撮影装置です。

この装置は、撮影室までの移動が困難な方や手術室での術中・術後撮影に使用します。