診療科のご案内
トップページ > 診療科のご案内 > 診療技術部 放射線科

診療科のご案内

  • 放射線科常勤医師4名、診療放射線技師18名、看護師1名、受付事務1名のスタッフで画像診断と放射線治療業務に対応しています。
  • 診療放射線技師が24時間待機しており、24時間365日クオリティの高い画像を提供しています。
  • 放射線科は、院内すべての診療科に関わる重要な科の一つです。
  • スタッフ全員がプロ意識を持って、日々の業務を従事しております。
  • 実習、見学も随時受け付けております。

医療機器

一般撮影室×4(救急撮影室含む)
CT×2(iCT 256列・PHILIPS、Aquilion ONE 320列・東芝)
MRI×2(Intera・PHILIPS、Ingenia・PHILIPS)
乳房撮影装置(Senographe DS・GE)
X線TV検査(ultimax・東芝)
血管造影装置×2(Allura Xper FD20/20、FD10C・PHILIPS)
核医学検査(Infinia8 Hawkeye4・GE)、放射線治療(ONCOR・SIEMENS)
外科用イメージ×2(BV-25・PHILIPS、9inch・SHIMENS)
ポータブル撮影装置×3
骨密度測定装置(PRODIGY・GE)
歯科用撮影装置(モリタ製作所)

放射線治療には大きく分けて①診察②治療計画③放射線照射④経過観察の4つのステップがあります。

  1. 診察:専門の担当医が診察、検査結果などに基づいて病状を把握し、治療方針を決める
  2. 治療計画:放射線を照射する範囲や方向、量などを決める
  3. 放射線照射:放射線を照射して病気の治療をする
  4. 経過観察:治療期間中や治療終了後も体調の変化などを観察する

※放射線による体調の変化(副作用)や治療期間中の注意事項は、放射線をあてる部位や量によって異なります。診察時に治療方針とともにご説明させていただきます。

2011年4月より、FUJIFILM社製一般撮影装置(間接変換FPD/CALNEO)を導入しました。

一般撮影装置

2011年4月より、FUJIFILM社製一般撮影装置(間接変換FPD/CALNEO)を導入しました。


「CALNEO」は、新方式間接変換FPDと新型consoleにより安定した高画質とこれまでのFPDの常識を一新した効率的ワークフローを実現しています。
また、画像読取装置(Speedia CS)は従来使用に比べ消費電力を約30%、アイドリング時の装置音を約20%減らすなど使用環境も改善されています。以上の事により、常に高画質を提供しつつ検査時間・検査待ち時間を減らす事が出来ています。
※洋服のボタン、ファスナーの位置により着替えていただく場合があります。
※湿布、カイロ、アクセサリーなどを外していただく場合があります。


※クリックで元の画面に戻る

256スライスX線CT装置は、マルチスライスCTの中でも最高峰の検査性能を有しております。

心臓検査対応型256スライスX線CT装置

256スライスX線CT装置は、マルチスライスCTの中でも最高峰の検査性能を有しております。


全身検査において高精彩な画像化が出来るのに加え、心臓の検査性能も著しく向上しており撮影時間(息止め時間)が4秒程度、造影剤使用量50ccと患者様の負担を大幅に軽減することが可能になっております。
心臓CT検査とは主に腕の静脈から造影剤を注入し心臓に造影剤が達した時点で撮影を行い冠状動脈診の状態を調べる検査です。
撮影されたデータはワークステーションと呼ばれるコンピューターで処理することにより以下に示すような立体像(3次元画像)として撮影部を360度自由な方向から観察することが可能です。立体的に観察することにより冠状動脈の狭窄や閉塞という虚血性心疾患の診断、動脈硬化の程度、カテーテル治療(細い管を体内に挿入し、その先端を風船状に膨らませて心血管の狭窄部分を広げたりSTENTを留置したりする治療)のフォローアップ検査装置として期待されています。



心臓3次元画像冠状動脈全体同時表示画像広範囲CT血管撮影画像

  1. 息止め3~5秒で冠動脈CT撮影が可能です。
  2. 造影剤の量は従来より少なく出来ます。
  3. X線被ばくが従来より最大80%以上低減可能です。
  4. 冠動脈の形態だけでなく、投薬による効果判定も可能となります。
心臓ボリュームレンダリング画像アンギオグラフィックビュー画像

※クリックで元の画面に戻る

MRI検査は強力な磁場(1.5テスラ)と電波を用い、体内から発生する微弱な信号を受信しコンピューター処理により様々な画像を撮影し、形態や機能を調べます。

MRI装置

MRI検査は強力な磁場(1.5テスラ)と電波を用い、体内から発生する微弱な信号を受信しコンピューター処理により様々な画像を撮影し、形態や機能を調べます。

検査の特長

検査時間は20~30分で、造影剤の注射や検査目的などにより時間が延びる場合もあります。ほとんどが仰向けに寝ていただいき検査を行います。検査中、「ガー、ガー、・・・」大きな音が断続的にしますが、耳栓などで低減いたします。

注意点

心臓ペースメーカー挿入者、脳動脈瘤クリップ手術者、人工内耳など検査ができない方がいます。安全に検査を施行するため、検査前に問診を受けていただきます。
検査室内には金属類(ヘアピン・ネックレスなど)、磁気カード(診察券・駐車場券など)、精密機器(時計・補聴器など)などを持ち込むことができません。また検査衣に更衣していただく場合があります。


MRI画像
脳血管画像腰椎画像胆のう膵管画像

※クリックで元の画面に戻る

血管内に細い管を挿入し、その管からX線不透過物質である造影剤という薬剤を注入して血管だけを写す検査です。

血管造影検査

血管内に細い管を挿入し、その管からX線不透過物質である造影剤という薬剤を注入して血管だけを写す検査です。その細い管はカテーテルといい、通常、股関節付近にある大腿動脈(静脈)や腕の動脈(静脈)から挿入します。挿入したカテーテルの先端を目的部位まで到達させ造影剤を注入し、X線を使用して連続的に血管の流れを撮影します。
血管撮影装置を使用して、骨や軟部組織を画像処理によって消去し、目的となる血管のみを描出することができ、病気の診断や評価にとても役立ちます。
近年では撮影装置や画像処理技術、カテーテルの開発により、診断のみでなく検査と平行して治療も行えるようになりました。カテーテルを使用して血管の狭窄部位を拡げたり、腫瘍を栄養している血管に抗がん剤などの薬剤を注入したり、脳動脈瘤の場合、金属製のコイルを動脈瘤の中に詰め破裂を防ぐなど、血管造影検査の手技を利用した治療も行われるようになっています。


循環器系X線診断装置 PHILIPS社製 Allura Xper FD10C

コンパクトなフラットパネル検出器を搭載の循環器系シングルプレーンシステムです。
デジタル化したフラットパネル方式と最新の画像処理技術を組み合わせることにより、従来のアナログ方式に比べ画像解像度が格段に高く、かつ病変解析機能も向上し、患者様のX線被ばくの大幅な軽減が可能となります。
さらに、本装置には循環器領域の最新アプリケーションであるステント強調処理システム(StentBoost)が搭載されています。治療デバイスの視認性を飛躍的に向上させることでより高度な手技にも対応した最新の治療環境を整えております。



冠動脈造影画像StentBoost画像

全身用血管造影X線診断装置 PHILIPS社製 Allura Xper FD20/20

大口径のフラットパネル検出器を2つ組み合わせたバイプレーンシステムで、2方向から血管を観察することで複雑な血管の走行を瞬時に把握でき、撮影時間の短縮や造影剤量の低減から患者さんの負担を軽減できます。また、広い視野の検出器により頭部から下肢まで全身領域をカバーできるのも一つの特長です。
さらに、回転撮影により3次元の血管像を描出する機能(3D-RA)やコーンビームCT画像を再構成する機能(XperCT)など最新アプリケーションが搭載されています。全身領域において、より専門的な治療を実現できる血管撮影装置です。


頭部3D-RA画像頚部3D-RA画像頭部3D ロードマップ画像
 
腹部コーンビームCT画像コーンビームCT 3D-MIP画像

※クリックで元の画面に戻る

放射性同位元素(別名;RI)を主に静脈注射することにより、それが特定の組織や臓器に集まります。

核医学検査

放射性同位元素(別名;RI)を主に静脈注射することにより、それが特定の組織や臓器に集まります。集まったところから、ガンマー線と言う放射線を体の外へ放出されるのを座布団のような大きなカメラを使って収集する検査で、主に血流や代謝等の機能画像を得る事が出来ます。

心筋シンチとは

運動(又は薬剤)負荷時と安静時の画像を比較する事により、狭心症や心筋梗塞などの診断や治療効果判定を行う事ができる検査です。
(検査の方法)
血圧、心電図を記録しながら運動(自転車こぎをしていただきます)を行います。運動中に腕からアイソトープという薬剤を注射し、それが心臓に行き渡る度合いを専用の装置で撮影します。
さらに3時間後に再び撮影を行います。但し2回目は運動をしません。

骨シンチとは

骨にどのような病気があり、どの程度全身に広がっているかを調べる検査です。その他に炎症や、骨折を調べる事もできます。
(検査の方法)
所定の時刻に腕から静脈注射をします。注射してから2~3時間後に大きなカメラで全身の撮像を行います。所要時間は約1時間かかります。検査直前にトイレに行き排尿していただきます。
カメラが体に近づくので圧迫感がありますが検査中は動かないようにしていただきます。

脳血流スペクトとは

薬が脳に集まる性質を利用して脳の血流状態を調べる検査です。
(検査の方法)
所定の時刻に腕から静脈注射をします。注射直後より反対の腕より動脈採血をしながら経時的に撮像を行います。所要時間は約1時間かかります。検査直前にトイレに行き排尿していただきます。

Gaシンチとは

悪性腫瘍、炎症性病変に使用される検査です。治療効果判定や経過観察にも有用です。
(検査の方法)
所定の時刻に腕から静脈注射をします。注射後3日目に撮像を行います。
大きなカメラで全身の撮像を行います。所要時間は約1時間かかります。
カメラが体に近づくので圧迫感がありますが検査中は動かないようにしていただきます。

FDG-PET(腫瘍)検査とは

腫瘍細胞というのは、正常細胞に比べてブドウ糖が多く集まる性質があります。この検査では、その作用を利用したもので、ブドウ糖に似た放射性同位元素を体内に取り込む事によって、全身の腫瘍の広がりを見ることが出来ます。又、CTとの重ね合わせを行う事で、より明確に腫瘍位置を把握する事もできます。
(検査の方法)
検査当日は、簡単な問診に記入していただき、更衣を待機室でしていただきます。その後、血糖値を測定します。血糖値を測定するのは、それが高いと正しい評価が出来難い為です。そして、PET用のお薬を静脈より注射いたします。注射後、約1時間待機室にて安静を保っていただきます。時間経過後、撮像室に移動していただき、約40分間撮像します。終了後、待機室に帰っていただき注射から約2時間を目安にRI室を退室していただきます。なお、使用するお薬はエネルギーの高い放射性物質ですので、検査当日は乳幼児や妊婦さんには接触しないようにお願いします。

RI検査の被ばく線量について

RIの被ばく線量は0.2mSv~8mSv(ミリシーベルト)です。胸部X線撮影で0.05mSv、胃の検査で0.6mSvです。被ばく線量は多くてもCT検査と同じくらいです。

※クリックで元の画面に戻る

「乳がん」、自分には無縁の病気と思っている方は多いかもしれません。もしくは、少し気になるけど怖いから遠い存在にしておきたい、という方もおられるでしょう。

マンモグラフィ(乳房撮影)

「乳がん」、自分には無縁の病気と思っている方は多いかもしれません。もしくは、少し気になるけど怖いから遠い存在にしておきたい、という方もおられるでしょう。しかし残念なことに、乳がんになる人は増え続けています。乳がんは「早期に発見できれば治る病気」と言われています。
肺がんは、禁煙などでリスクが下げられるといわれていますが、乳がんはこうしたリスクコントロールができません。だからといって、乳がんにならないように・・・なんてただ祈ったりするのでは意味がない!!乳がんにはしっかりと打ち勝つ方法があります。それが、早期発見・早期治療です。
そこで第一に自己検診です。月に一度、お風呂に入ったときや寝る前に、少しの時間でいいですから、未来の自分のために投資してあげてください。
次に大事なのが、乳房検診です。ここで大事な要因の一つでもあるマンモグラフィ撮影があります。マンモグラフィ撮影と聞けば、「痛い」とか、たかが写真を撮るだけなのに待ち時間が長い、と感じた方もおられるでしょう。しかし、平成19年に機器を更新したことにより、待ち時間は短縮されました。また必要に応じて、通常より痛みが弱く感じる圧迫板を使用できるようになりました。


撮影した画像も、診察する乳腺外科医のパソコンに画像を直接送るため、写真の現像を待っていただく必要がありません。

なにより大きく違うのは、ステレオガイド下マンモトーム検査が可能な装置です。ステレオガイド下マンモトームとは?と思われるでしょう。例えば、マンモグラフィ検査や超音波検査、視触診で何か気になるものがあったとします。そこで細胞診を試みますが、採取された量が不十分であったり、小さな標的の部分を採取できなかったりと、確定診断を下せない場合があります。そんなときは、針生検を次に行います。それでも診断を下せない場合は、外科的生検をします。これでは、不安な時間が何日間も続くあげく、手術(外科生検)をしなければいけません。こんなときの手助けとなるのが、マンモトームという針生検です。これは超音波またはマンモグラフィ下で行います。マンモグラフィでしか確認できない石灰化(小さい石みたいなもの)の場合は、ステレオガイド下マンモトームが必要になってきます。ここで、組織を採取できれば外科的生検も必要なく確定診断がつきますので、不安も少なくなると思います。


乳がんとの闘いは、乳がんになってからではなく、乳がんになる前から始まっています。まずは、乳がんに関心を持ち、正しい知識を持ってください。そして、行動に移すこと。自己検診と乳房検診を受けなければ何も始まりません。せっかくですので、私どもの病院のホームページ参照をきっかけに、乳房検診を受けてみてはいかがでしょうか。皆様のサポートができて、初めて意義があるのです。私たちスタッフも全力を上げて協力させていただきます。
早期に発見できれば約95%治る!それが乳がんなのです。

初撮影患者に対するマンモグラフィ説明書

※クリックで元の画面に戻る

放射線は目に見えず、体にあたっても何も感じません。しかし、病気の細胞は放射線によるダメージを受けやすく、正常な細胞はダメージを受けにくい性質があります。

放射線治療

放射線は目に見えず、体にあたっても何も感じません。しかし、病気の細胞は放射線によるダメージを受けやすく、正常な細胞はダメージを受けにくい性質があります。放射線治療は、この性質の違いを利用しています。
できるだけ正常な細胞にはあたらないように放射線の種類やあてる範囲、方向などを決めます。放射線を使えば、からだをほとんど傷つけずに正常な機能を損なわずに治療することができます。


※クリックで元の画面に戻る

骨粗しょう症は、骨量が減少してスカスカとなり、骨がもろく骨折しやすくなる病気です。

骨密度検査

骨粗しょう症とは・・・

骨粗しょう症は、骨量が減少してスカスカとなり、骨がもろく骨折しやすくなる病気です。しかも、骨全体が弱くなっているために、折れた骨が元に戻るまでに時間がかかってしまうこともあります。また、骨折が原因で寝たきりになってしまうことが問題となっています。
一度減ってしまった骨量は、なかなか元に戻すことは出来ません。しかし、減少を止めて症状を和らげることはできます。早めに骨密度検査を受けて、自分の骨の状態を知っておくことが骨粗しょう症の予防になります。


骨密度検査法は・・・

検査法には超音波を使ったものや、X線を用いて手を測定するものなどもありますが、当院の装置のようにベットに寝て、腰と股関節で測定する方法がより正確であるといわれています。

当院の骨密度装置は・・・

当院はX線骨密度測定装置(GE社製 PRODIGY)を使用しています。この装置は、検査時間(入室から退室まで)が10分程度と短時間で終了するため、長時間じっと寝ていることが困難な患者様でも苦痛なく検査を終えることが出来ます。また、被ばく線量は全身検査を行なっても胸部単純撮影の1/10以下と非常に少なくなっています。
検査はルーチンを腰椎+左大腿骨として、複数箇所検査することによって、より正確な値を提供することが出来ます。さらに、全身の骨密度検査をする際に、同時に非脂肪量、脂肪量、脂肪率が測定できる機能(ボディコンポジッション機能)もあります。

※クリックで元の画面に戻る

この装置は透視および撮影用の移動型X線透視撮影装置です。


イメージ

この装置は透視および撮影用の移動型X線透視撮影装置です。
主に手術室で使用されており、2機種を有しています。
用途としては整形外科、脳神経外科、心臓血管外科等の外科手術支援や整復に用いられています。


※クリックで元の画面に戻る

この装置は、撮影室までの移動が困難な方や手術室での術中・術後撮影に使用します。

ポータブル及び移動式X線撮影装置

この装置は、撮影室までの移動が困難な方や手術室での術中・術後撮影に使用します。当院では、4台の装置があります。
PX-110CL(メディソンアコマ製)、MOBILE TT PLUS HD(シーメンス製)、シリウス130HP(日立メディコ製)が2台です。
この装置は、撮影室までの移動が困難な方や手術室での術中・術後撮影に使用します。

※クリックで元の画面に戻る