診療科のご案内
トップページ > 診療科のご案内 > 看護部のご紹介

看護部のご紹介

副院長兼看護部長
森安 浩子

地域の中核となる病院
当院は、地域住民の皆さんに保健・医療・福祉を一体的に提供する地域包括医療・ケアを実践しています。従来は、当院だけで完結型の医療を目指していました。しかし社会や医療情勢の変化から、当院だけで医療を完結することが難しくなりました。そのため、今は地域で連携をとりながら、地域完結型医療の中核病院という役割を担っています。

地域住民に安心を届ける
私たちは、地域住民の皆さんに「三豊総合病院があるから安心して暮らせる」と思っていただきたいと願っています。医療界は今、機能分化が進んでおり、「専門特化しなければ生き残れない」と言われています。しかし、当院がもし何かの分野に特化したならば、その他の役割は他の病院に任せなければいけません。それが医療の役割分担なのですが、当院の周りには、役割を分担できる病院がたくさんあるわけではありません。もしも、ある分野の領域をそぎ落とせば、その医療・看護を求める地域住民は困ってしまい、安心して暮らすことが出来ないでしょう。だから私たちは、幅広い分野の医療、幅広い領域の看護を提供する総合病院として、地域住民に安心を届けようと考えています。

全ての患者さまに質の高い看護を届けたい
当院は地域の中核病院です。その役割を維持するためには、受け入れた患者さまには一定水準以上の医療・看護を提供しなければいけないと考えています。総合病院だから広く浅くというような気持ちではなく、すべての患者さまに質の高い医療や看護が提供できる病院であり続けたいと願い、努力を惜しまず頑張っています。


地域住民に信頼される看護部を目指し、常に看護の本質を追求すると共に、患者中心の高い看護を提供する。

  1. 看護職としての役割を認識し、思いやりと責任をもって看護する。
  2. 専門職としての知識と技術を磨き、的確な判断ができる看護職を育成する。
  3. チーム医療の一員としての役割を果たし、他部門との連携を図る。

看護職員 451名 ※平成29年4月
勤務体制 2交替(一部3交替) 日勤 8:15~17:00
夜勤 16:15~9:00
準夜 16:00~1:00
深夜 0:15~9:00
看護方式 固定ナーシングチーム

教育目的

高度医療に的確に対応し、常に患者の立場に配慮した質の高い看護を提供できる看護職の育成をする。

教育目標

  1. 組織の一員としての自覚を深め、自らの業務に誇りと意欲を持たせ、地域住民から信頼される職員を育成する。
  2. 高度化・複雑化・多様化する医療ニーズに的確に対応するために、専門的知識・技術を養う。
  3. 感性豊かな人間性を養う。

看護部の継続教育の目的のひとつは、基礎教育終了後個々の看護師が専門職業人としての役割遂行能力を高め、看護ケアの質的向上を図ることである。それは一人ひとりの看護師がライフサイクルに応じた能力を発揮し、職業を通して自己実現に向けた自己育成の活動をおこなうことである。すなわち看護師の人材育成、教育という考え方だけではなく「自己実現をサポートする」教育システムを構築し、取り組むことで看護師として、人としての成長を期待するものである。

クリニカルラダーの基本枠組

  レベルⅠ レベルⅡ レベルⅢ レベルⅣ
レベルの定義 マニュアルに沿って指導を受けながら看護ができるレベル 自立してマニュアルに基づいた看護ができるレベル リーダーの役割を果たすことが出来るレベル 看護のエキスパートとして教示できるレベル
到達目標 [看護実践]
・所属部署の基本的な看護実践ができる
[人間関係]
・社会人組織人としての自覚ができる
[管理]
・チームメンバーの役割を理解し責任を果たすことができる
[教育]
・自己に不足している知識に気づき、自主的に学ぶことができる
[看護実践]
・日常的に行われている看護を自立的にできる
[人間関係]
・所属部署内でよい人間関係を築くことができる
[管理]
・支援を受けながらプリセプターとしての役割を果たすことができる
・日々のリーダーの役割を理解し遂行できる
[教育]
・主体的に学習し実践に役立てることができる
[看護実践]
・所属部署における看護実践のモデルとなれる
[人間関係]
・医療チームおよび関連部署との信頼関係を築くことができる
[管理]
・固定チームリーダーの役割を遂行できる。
・院内活動に参加し、所属部署内で指導的役割ができる。
[教育]
・教育プログラムに積極的に参加しチームメンバーに伝達することができる。
[看護実践]
・予測性を踏まえた判断をし、熟練された看護が実践できる
[人間関係]
・医療チームおよび関連部署との連携や調整ができる
[管理]
・院内活動において、所属部署を超えリーダー的役割を果たすことができる。
[教育]
・教育プログラムに積極的に参加し得意分野を見つけ看護実践に活かすことができる。

平成29年度看護部研修計画

もっと詳しく知りたい方は、看護部のページをご覧ください。