診療科のご案内

診療科のご案内

循環器科

循環器科は、心臓病、高血圧、血管疾患などの精査・治療を主に行う専門科です。虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞など)、不整脈、弁膜症、心筋症、心不全、高血圧、動脈硬化症などを全般的に扱いますが、入院治療は、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)と心不全の治療が中心になります。

冠動脈疾患は、心臓を栄養する冠動脈に、動脈硬化あるいは血管攣縮による狭窄が起こって、心臓の筋肉(心筋)に十分酸素や栄養が届かなくなり起こる病気です。生活習慣病の重要な一疾患であり、日本人の死亡原因の2番目が心臓病となっています。冠動脈疾患を的確に診断し治療していくために、心電図検査、心臓超音波検査、血液検査などを行い、疑わしい場合には更に心臓CT、心筋シンチグラフィー(SPECT)などを使って非侵襲的に冠動脈疾患があるかどうかを検討していきます。その結果、本物の冠動脈疾患がある可能性が強いと判断された場合には、入院の上で心臓カテーテル検査・冠動脈造影を行い、その結果により、1)お薬の調整、2)PCI治療(経皮的冠動脈拡張術)、3)冠動脈バイパス手術(CABG)のどの治療が良いかを判断し、治療を進めます。特にPCI治療では、冠動脈狭窄病変を拡張するステントが年々改良され、より安全かつ再狭窄の少ないステント(薬剤溶出性ステント)が導入されてきています。
また、心筋症、心臓弁膜症、高血圧性心不全などの多彩な原因で起こってくる心不全の治療を行っています。特に、高齢化の進んだ現代社会にあって、重症多枝虚血性心疾患や、大動脈弁狭窄などの加齢が影響した心臓弁膜症が最近増加してきています。新しく開発された心不全用の薬剤の導入や、簡易型人工呼吸器(BiPAP VisionR, AutosetRなど)、在宅酸素療法(HOT)などの機械的な補助を組み合わせることにより、治療効果の改善がみられてきています。当院の特徴として、中核病院でありながら在宅訪問診察部門を併せ持っており、循環器医も訪問診療に参加、一般開業医の先生方では負担が多い重症心不全患者さん(NYHA3-4度)を在宅に戻し、治療を行っています。
各種画像診断装置を使った、非侵襲的且つ正確な心疾患診断にも力を入れています。特に2011年には、各種画像診断装置が更新あるいは新規導入されます。心臓超音波検査(GE社Vivid E9)は、すぐれた解像度のみならず、Speckle Tracking法、real time 4D-Echo(立体画像)などによる新たな診断画像を得ることで、より正確な診断が可能になっています。また、心臓CTも新機種に更新され(Philips社 Brilliance iCTR、iDose付き)、256列CTによるより高画質で、且つ被曝線量を大幅に低減させた画像が得られるようになり、外来で出来る冠動脈精査が大幅に拡充されます。心筋シンチグラフィーも新機種に更新され(GE社 Infinia 8 Hawkeye)、SPECT-CTのみならずPET検査も同時に行うことが出来るようになり、18F-FDGを使った心筋Viability評価(心筋障害の程度の評価)や、同時に動脈硬化の活動性の評価が出来る可能性があります。
循環器診断・治療の最も重要な心臓カテーテル検査装置も新病棟開設とともに更新されます(Philips X-per FD10)。循環器疾患の診断と治療効果の判定には、正確な画像診断装置が必須ですので、これらの装置による威力が今度発揮されてくるものと期待されます。
不整脈診療は、一般的な薬剤治療、ペースメーカー治療は当院でも可能ですが、高度なカテーテルアブレーション治療(発作性頻拍症、心室頻拍、心房細動)、埋込型除細動装置(ICD)、両心室ペーシング(Bi-Ventricular Pacing)などは、他の施設(岡山大学循環器内科、岡山ハートクリニック、香川県立中央病院など)に依頼あるいは共同での治療を行っています。
2011年8月より、病棟が移転し、新循環器病棟(新西6F)では、集中治療室同等の高機能32Chセントラルモニター装置(日本光電CNS6201)などの新機材が導入され、より正確な患者状態のモニタリングなどが行うことが出来るようになりました。


医療設備

循環器系一般病棟42床(新西6病棟:循環器科・心臓血管外科共用)、CCU 2床、 心電図、トレッドミル、エルゴメーター、血圧脈波検査装置(PWV/ABI)、心臓超音波検査装置(GE Vivid E9、Philips HDI 5000)、心臓核医学検査装置(GE Infinia 8 Hawkeye)、心血管造影装置(Philips Xper FD10)、血管内超音波装置(Volcano社S5-IVUS)など。

午前 初診 大西 伸彦
長谷川 操
初診 松尾 直昭
高石 篤志
中野 由加理
初診 谷本 匡史 初診補 中野 由加理
初診補 長谷川 操
初診 高石 篤志
今井 正信
谷本 匡史
初診 藤原 敬士
林 和菜
大西 伸彦
午後   大西 伸彦
高石 篤志
藤原 敬士 香川 健三
高石 篤志
加藤 雄一
松尾 直昭

午前…新患及び再来  午後…予約制専門外来
初診補助 奇数木曜…中野 由加理、偶数木曜…長谷川 操

循環器科診療実績

高石 篤志

主任部長兼循環器病センター長 平成4年卒業

専門分野 循環器
認定医 日本内科学会 認定内科医
日本心血管インターベンション治療学会 認定医
専門医 日本循環器学会認定循環器専門医
指導医 日本内科学会 指導医
その他  

大西 伸彦

医長 平成5年卒業

専門分野 循環器
認定医 日本内科学会 認定内科医
専門医  
指導医  
その他  

中野 由加理

医長 平成18年卒業

専門分野 循環器
認定医 日本内科学会 認定内科医
専門医  
指導医 日本内科学会 指導医
その他  

香川 健三

副医長 平成20年卒業

専門分野 循環器
認定医 日本内科学会 認定内科医
日本心血管インターベンション治療学会 認定医
専門医 日本循環器学会認定循環器専門医
指導医 日本内科学会 指導医
その他  

藤原 敬士

副医長 平成21年卒業

専門分野 循環器
血管内治療
認定医 日本内科学会 認定内科医
日本心血管インターベンション治療学会 認定医
専門医  
指導医  
その他  

谷本 匡史

副医長 平成21年卒業

専門分野 循環器
認定医  
専門医  
指導医  
その他  

松尾 直昭

副医長 平成22年卒業

専門分野 循環器
認定医 日本内科学会 認定内科医
専門医  
指導医  
その他  

長谷川 操

医員 平成23年卒業

専門分野 循環器
認定医 日本内科学会 認定内科医
専門医  
指導医  
その他  

加藤 雄一

平成25年卒業

専門分野 循環器
認定医  
専門医  
指導医  
その他  

林 和菜

平成26年卒業

専門分野 循環器
認定医  
専門医  
指導医  
その他