お知らせ
トップページ > お知らせ > なんがでっきょんな

お知らせ

【訳】何してるんですか?
 「なんがでっきょんな」とは、香川県の方言で「何をしているんですか?」という意味です。
ここでは三豊総合病院企業団や地域の出来事などを、随時お届けします。過去の記事もぜひチェックしてみてください。

   

ボランティアスタッフによるピアノ演奏

2017年10月18日(水)

 当院では毎月、総合待合ホールでピアノ演奏を行っています。患者さんに待ち時間をゆったり過ごしていただきたいという想いでスタートし、ボランティアスタッフの協力で3年ほど継続しています。

 10月17日(火)は、「赤とんぼ」「見上げてごらん夜の星を」「秋桜」など、秋の曲・映画の曲を中心に演奏していました。外は小雨が降る中、待合は落ち着いた雰囲気でゆったりした時間が流れていました。

 次回のピアノ演奏は日程が決まり次第、院内の掲示板等でご案内させていただきます。お気軽にお立ち寄りください。


親子バス遠足に行きました♪

2017年10月16日(月)

 4日(水)、わたっ子保育園のにじ組・つき組の園児と保護者計36名で、親子バス遠足に出かけました!

 直前まで雨の日が続きお天気が心配されていましたが、保育園で作ったてるてる坊主効果か、当日はとてもいい天気で遠足日和に! 行きのバスの中では歌や先生手作りのクイズ、親子自己紹介をして過ごし、目的地の「善通寺五岳の里」に到着してからはゲームやお弁当タイムを楽しみました。また、お弁当のあとの自由時間では、芝生の広場で思いっきり走ったり、遊具で遊んだりと体をいっぱい動かしました。

 遠足でいろいろな体験をし、いつもと違った時間を過ごすことで、普段と違う子どもたちの表情や姿が見られました♪


防災ヘリ訓練を実施しました

2017年10月11日(水)

 9月25日(月)、香川県防災航空隊・三観広域消防本部・三豊総合病院が合同で防災ヘリ訓練を実施しました。

 訓練は当院の救急室からの転院搬送要請から始まり、救急車で防災ヘリ到着地点まで搬送、搭乗から離陸までの流れを、実際に模擬患者をたてて行いました。また当院のスタッフも搭乗して訓練飛行を行い、ヘリコプターのスピードや揺れを確認し、多くのスタッフがヘリ搬送の安全性を認識することができました。

 今回の合同訓練での気づきを生かして反省点を改善し、今後も防災ヘリの特性を生かした転院搬送をより安全に、有効に行って参ります。


新任医師をご紹介します

2017年10月10日(火)

 当院では10月に4名の医師が着任し、2日(月)に着任式が行われました。

 今回着任したのは、内科:辻 憲二(つじ けんじ)医師、内科:杉谷 宗一郎(すぎたに そういちろう)医師、脳神経外科:久松 芳夫(ひさまつ よしお)医師、整形外科:玉置 俊輔(たまき しゅんすけ)医師です。

 外来担当日等はこちらでご確認ください。

 外来担当日診療科のご案内

 どうぞよろしくお願いいたします。


9月はたくさんの中学生が職場体験学習に来てくれました

2017年10月06日(金)

 9月前半の2校に引き続き、9月20日~22日の3日間は豊浜中学校、26日~28日の3日間は大野原中学校から、合計10名の中学生が職場体験学習のため来院しました。 

 今回は病院では看護師・薬剤師・臨床検査技師・リハビリテーション技師・臨床工学技士を、介護老人保健施設わたつみ苑では介護福祉士の仕事を体験しました。実際に患者さんや利用者さんと接し、大変で疲れたという声もありましたが、だからこそやりがいがあって楽しいという感想も聞くことができました。中学生と接し普段と違う時間を楽しまれている患者さん方もいらっしゃいました。

 今回の職場体験学習を通して、医療職に興味を持ち、将来三豊総合病院で一緒に働いてくれる生徒さんがいればうれしく思います。


わたつみ苑で交流学習がありました

2017年10月03日(火)

 9月22日(木)、豊浜中学校の3年生が交流学習として、わたつみ苑を来訪しました。

 交流学習では介護施設について学び、高齢者への接し方の説明を受けた後、理学療法士の指導を受けながら車いすやリハビリ機器を実際に操作してみる体験をしました。

 その後、利用者の方とお話しをする時間が設けられ、地元の昔の話を聞いたりして、和やかなムードになったところで、中学生と「ふるさと」「見上げてごらん夜の星を」「ああ人生に涙あり」の歌を一緒に歌いました。

 利用者の方は、孫ひ孫くらいの若い世代との交流を、明るい表情で楽しんでおられました。豊浜中学校の生徒さんありがとうございました。