診療科のご案内

診療科のご案内

病院で働く医療職種のなかで、臨床工学技士という職種をご存知でしょうか?臨床工学技士は最近、医療ドラマなどでも登場するようになり、徐々に知名度は上がっているのでは?と感じています。しかし実際は、ピンとくる方はまだまだ少ないでしょう。そこで!簡単に臨床工学技士の紹介します。
臨床工学技士は、1987年5月に医学と工学の両面を兼ね備えた国家資格として誕生しました。
臨床工学技士とは、厚生労働大臣の免許を受け臨床工学技士の名称を用いて、医師の指示の下に、生命維持管理装置の操作(生命維持管理装置の先端部の身体への接続又は身体からの除去であって政令で定めるものを含む。)及び保守点検を行うことを業とする者と定義されています。「生命維持管理装置」とは、人の呼吸や循環又は代謝の機能の一部を代替し、又は補助することが目的とされている装置をいいます。
医療が進歩していくと同時に、医療機器もより高度なものへと進化してきました。その医療機器を正しく安全に使用していくためには、医療機器に関する専門的な知識を持った者が正しく操作し、定期的に点検をしていくことが必要です。
これらの適切な操作や保守点検こそ臨床工学技士の大切な仕事です。



院内で使用する医療機器の安全と性能が維持できるように中央管理体制とし、保守点検・操作・貸出・返却及び修理対応を行い適切な運用を図っています。
血液透析とは急性または慢性腎不全に対する治療法の1つで、血液中にある老廃物や余分な水分を除去し、電解質濃度の是正を行います。

臨床工学科では人工呼吸器の管理を通して、呼吸療法業務に携っています。
人工心肺とは、言葉のとおり、心臓と肺の働きを代行することです。

手術室は他部署には見られないほどの医療機器の宝庫であり、特殊設備を含めた多種多様な医療機器が存在しています。
ICU入室される患者さんは集中的な治療を必要とされています。そのため、ICUでは多数の高度医療機器を使用しています。

ペースメーカーは、心臓の拍動を常に監視し、決められた心拍数を下回ると電気刺激を出すことで、心臓を収縮するキッカケを与える機能を持っています。