診療科のご案内

診療科のご案内

薬剤部

薬剤師の責務

  1. 薬剤使用の最適化
  2. 薬剤のリスクコントロール

医療の現場では多くの医薬品(薬剤)が使用されています。薬剤師はそれらの薬剤が正しく、有効に、かつ効率的に使用されるように努める責務があります。また薬剤には有効性だけでなく、副作用などのリスクがあります。薬剤師はこれらのリスクを最小限にとどめ、また、未然に防ぐという責務も持っています。私達薬剤師は、これらの責務を果たすことによって安全で有効な医療の供給に寄与します。

薬剤師の目標

詳細を表示する

薬剤部の業務

近年、薬物治療は多種多様になってきており、入院患者様が安心して治療を受けられるよう業務を行っています。

詳細を表示する

チーム医療

チーム医療として感染制御チーム・抗菌薬適正使用支援チームや栄養サポートチーム、緩和ケアチーム、糖尿病教室、腎臓病教室、肝臓病教室等で多職種が連携し活動しています。

詳細を表示する

薬剤部の受けている認定

当院はがん専門薬剤師研修施設認定を受けています。香川県でこの認定を受けているのは香川大学医学部附属病院と当院だけです。当院で最低5年間、薬剤師として研修を積むと「がん専門薬剤師」への道が開けます。
認定薬剤師等の取得状況は上記の通りです。ジェネラリストとしての土台を築き、その上にいくつかの専門性、得意分野をもち、臨床の場でより有用で安全な薬剤療法を提供できる薬剤師になることが目標です。

詳細を表示する

教育制度

新人教育としてメンター制度、教育プログラム、専門知識の習得プログラムがあります。2年目以降は各病棟に配属され、先輩薬剤師の下で実践的な能力を身に付けていきます。また、積極的に資格が取得できるような支援体制が整っています。

詳細を表示する

薬剤師の待遇等

薬剤師の求人募集・待遇等はこちら