診療科のご案内

診療科のご案内

薬剤部

薬剤部の責務

  1. 薬剤使用の最適化
  2. 薬剤のリスクコントロール

医療の現場では多くの医薬品(薬剤)が使用されています。薬剤師はそれらの薬剤が正しく、有効に、かつ効率的に使用されるように努める任務があります。また薬剤には有効性だけでなく、副作用などのリスクがあります。薬剤師はこれらのリスクを最小限にとどめ、また、未然に防ぐという任務も持っています。私達薬剤師は、これらの任務を果たすことによって安全で有効な医療の供給に寄与します。


  1. 調剤:入院調剤、外来調剤
    医薬品が適正に使用されるよう、薬剤師が処方内容を確認し、間違いが無いよう二重チェックを行います。また、患者さんに正しく使用していただくために、お薬のご説明をします。より服用しやすいように、錠剤の一包化を行ったり、簡易懸濁法による調剤を行ったりしています。入院患者さん、外来救急患者さんには24時間対応しています。
  2. 注射薬補給:注射処方調剤、がん化学療法レジメン管理
    自動注射薬払出機を使って患者さん毎に患者・薬品名シールと共に24時間態勢で供給しています。定期処方については1回使用分毎に払い出しています。
    抗がん剤は厳密な投与計画に従う必要があるため、投与量、投与回数、休薬期間、副作用抑制のための薬剤の投与を時系列に登録した「レジメン」に沿って投薬が行われます。薬剤師は個々の処方がこのレジメンに正しく従っているかを確認しています。
  3. 製剤:抗がん剤無菌調製、TPN無菌調製、院内製剤
    抗がん剤は一般薬に比べ、投与量の調節や溶解方法などの取り扱いをより厳密にする必要があります。原則として抗がん剤の調整は熟練した薬剤師が安全キャビネット内で行います。必要に応じてクローズドシステム(抗がん剤が外気に接しない用にする機器)を用います。
    医薬品メーカーが製造していないけれど、医師が治療上必要としている薬剤を、薬剤師が病院内で調整しています。
  4. 薬剤管理指導:服薬指導、薬歴管理に基づく薬学的管理、持参薬鑑別
    入院患者さんに対して、患者さんの診療情報や薬歴(患者さんの薬剤使用歴)を基に、処方された医薬品の使用目的、使用方法、主な副作用とその症状や対処法などの説明を行い、また、副作用や相互作用(薬の飲み合わせ)を未然に防ぐために処方のチェックや、患者さんからの聞き取りを行います。また、必要に応じて医師に対応を提案します。
    本院では12名の担当薬剤師が、ICUを除く全ての患者さんに服薬指導できるよう体制作りをしています。
    最近は多くの患者さんが服用中のお薬を持参薬として入院時にもってこられ、入院中も継続して服用することが多くなりました。本院では全ての入院患者さんの持参薬を確認して、電子カルテに登録しています。入院時から退院まで、一貫した服薬指導ができるよう努力しています。
  5. 医薬品情報:Q&A、薬剤部ニュース、メール、副作用報告
    最新の医薬品情報を医師等の医療スタッフに迅速に提供しています。最近はインターネットでの情報収集が主流です。情報は紙媒体の他、メールや電子カルテシステム上への公開等IT化されています。もちろん他のスタッフからの問い合わせにも回答します。
  6. TDM解析
    一部の医薬品では、血中の薬剤濃度を測定して、それを基に適切な投与量や投与方法を設定します。本院では測定値を返すだけでなく、全ての測定結果に投与量の適否と共に、より適切な投与量をシミュレーション結果と共にお知らせしています。
  7. 治験:治験薬管理、治験コーディネーター、治験事務局
    本院では治験を推進しています。事務局業務の他、看護師2名とともに、薬剤師2名が治験コーディネーターとして、治験の適切で速やかな実施に貢献しています。最近は国際共同治験が増えており、英語力が要求されます。
  8. その他:ICT、NST、緩和ケア、各種患者教室、各種委員会

私たち 三豊総合病院 薬剤部員はProfessionalとして、

  • 患者さんに最善の医療を提供すべく努力します。
  • 自分や家族と同様に患者さんを大切にします。
  • 患者さんとその家族の満足を心の糧とします。
  • 自分を磨き最新の知識と技術を身につけます。
  • 公正で穏やかな心を保ち中庸を心懸けます。
  • あらゆる職種の最良のパートナーとなります。
  • 誇りを持って日々の職務に邁進します。

医療の中心は患者さんです。私達薬剤師は、患者さんと手を取り合って、他の医療スタッフとチームを組んで、患者さんに最善の医療を提供すべく、日々努力します。常に新しい知識と技術を学び、精神的にも成長しながら、患者さんにとって無くてはならない職種として認めていただけるような医療サービスを提供します。そんな誇りを持てる薬剤師を目指しています。

  1. 認定施設
    日本医療薬学会 がん専門薬剤師研修施設
    日本医療薬学会 認定薬剤師研修施設
    日本医療薬学会 薬物療法専門薬剤師研修施設
    日本静脈経腸栄養学会 栄養サポートチーム(NST)専門療法士認定教育施設
  2. 認定薬剤師等
    日本医療薬学会 指導薬剤師 1名
    日本医療薬学会 認定薬剤師 1名
    日本病院薬剤師会 がん薬物療法認定薬剤師 1名
    日本静脈経腸栄養学会 認定栄養サポートチーム専門療養士 2名
    日本糖尿病療養指導士認定機構 日本糖尿病療養指導士 1名
    日本アンチ・ドーピング機構 公認スポーツファーマシスト 1名
    日本薬剤師研修センター 漢方薬・生薬認定薬剤師 1名
    日本緩和医療薬学会 緩和薬物療法認定薬剤師 1名
    日本病院薬剤師会 感染制御認定薬剤師 1名
    日本化学療法学会 抗菌化学療法認定薬剤師 1名
    日本在宅薬学会 バイタルサイン講習会インストラクター 1名
    日本薬剤師会 学校薬剤師 2名
    日本薬剤師研修センター 認定実務実習指導薬剤師 4名
    日本病院薬剤師会 認定指導薬剤師 5名
    日本薬剤師研修センター 研修認定薬剤師 12名
    日本病院薬剤師会 生涯研修認定薬剤師 10名
    日本薬剤師会 認定JPALSレベル5 2名

本院はがん専門薬剤師研修施設認定を受けています。香川県でこの認定を受けているのは香川大学医学部附属病院と本院だけです。本院で最低5年間、薬剤師として研修を積むと「がん専門薬剤師」への道が開けます。
平成26年10月現在の認定薬剤師等の取得状況は上記の通りです。ジェネラリストのしての土台を築き、その上にいくつかの専門性、得意分野をもち、臨床の場でより有用で安全な薬剤療法を提供できる薬剤師になることが目標です。

  1. 感染制御チーム(ICT)
    ICTはInfection Control Teamの略称です。ICTは院内における感染症のサーベイランス、感染症発生時の対応、感染対策マニュアルの作成、抗菌薬の使用実態調査、感染対策に関する職員教育等、病院内での感染症から患者さんと職員を守るために活動しています。本院では副薬剤部長がICT内で中心的な活躍をしています。
  2. 栄養サポートチーム(NST)
    NSTはNutrition Support Teamの略称です。患者さんの栄養状態を改善することは、合併症の減少やQOL(生活の質)の向上につながります。薬剤師は患者さんの状態に応じた輸液、経腸栄養剤の投与に関するサポートを行います。経管栄養時の投薬方法、特に簡易懸濁法の普及も行っています。本院では薬剤師がNSTの運営に関してもリーダー的役割を担っています。
  3. 緩和ケアチーム
    がんによる痛みは患者さんのQOLを著しく低下させます。緩和ケアチームはがんによる痛みや不快な症状の緩和や精神的な支援を行います。薬剤師はオピオイドを含む鎮痛剤や鎮痛補助剤の適切な使用方法の提案、患者さんへの服用方法や副作用の説明を行います。
    本院は香川県で初めての12床の緩和ケア病棟を持っています。最近はNSTとの連携も模索しており、薬剤師も大きく関与しています。
  4. 糖尿病教室
    糖尿病教室は種々の医療スタッフが患者さんと共に糖尿病についての情報を共有し、患者さん自ら治療に参加できるよう勉強していくものです。薬剤師は主に経口糖尿病薬とインスリンの使用方法や低血糖時の対処法などについてお話しします。
    本院の薬剤師は患者さんの会の小旅行などにも積極的に参加しています。
  5. 腎臓病教室
    腎臓病教室は種々の医療スタッフがそれぞれの専門分野の立場から腎臓病に関わる情報を患者さんに提供するだけではなく、悩みや疑問点などを共に解決していく教室です。薬剤師は主に腎臓病に使われる薬剤全般の説明やサプリメントなどの情報提供を行っていますが、その他お薬相談にも随時対応していきます。
  6. 肝臓病教室
    肝臓病教室は様々な医療スタッフが患者さんと共に肝臓病についての情報を共有し、患者さま自ら治療に参加できるよう勉強していくものです。薬剤師は主に肝臓病の治療に使用される薬剤の特徴や、使用方法、副作用等についてお話します。病気や治療のことでも気になることがあれば気軽に相談に応じます。

薬剤師の待遇等

  • 薬剤師の求人募集・待遇等はこちら